ソニー銀行カードローン, 未分類

銀行カードローンには何故保証会社がつくの?

銀行カードローンの商品概要をみてみますと、利用条件のところに「当行が定める保証会社の保証を受けられる方」などといった記述が見られます。たいていの場合保証会社は消費者金融などの名前が記載されていることが多いです。消費者金融のカードローンには保証会社という設定はないのに、なぜソニー銀行カードローンには保証会社がつくのでしょうか?

そもそもこの保証会社というのはどういう役割をしているのか?といいますと、おおまかに言えばローンの審査と債権の保全・つまり保証人の代わりという役割をになっています。もしお金を借りている方が返済不能となった場合、保証会社はこの債務を債権者に変わって銀行に弁済します。これを、代位弁済といいます。その際、債務は保証会社へと移りますが、借金がなくなったわけではなく債権者が変わっただけで返済義務は消えません。

代位弁済が実行されますともとの債権者つまり銀行との間にあったカードローン契約もなくなりますから、当然カードローンの利用はできなくなります。保証会社からは代位弁済通知書が郵送されてきて、一括返済を求められます。残った債務を支払ってください、などの取り立ては保証会社が行うことになるわけです。

つまり銀行カードローンというのは銀行が貸付けの窓口にはなっていますが、実質保証会社が審査をして、延滞した顧客の管理や債権の管理を行っているというわけです。銀行は消費者金融などのノウハウを活用しながらこうした管理を保証会社へ丸投げでき、大変メリットがあるわけなのです。

ではなぜ消費者金融などは銀行の保証会社をやっているのでしょうか?それは貸金業法の改正に大きな関係があります。近年の貸金業法の改正により、グレーゾーン金利撤廃がきまり過払い金請求が激増したことで消費者金融各社は過払い金の支払いが増え、体力のない業者は次々に淘汰されていきました。大手の消費者金融でも単独で事業を続けることが難しくなり次々と銀行グループの傘下に入っていったのです。

銀行側としてもこれから力を入れていく個人向け融資のノウハウを持つ消費者金融を傘下に入れることは非常にメリットがありました。そうして大手銀行の傘下に入った大手消費者金融は、銀行カードローンの保証会社としても機能し始めた、というわけなのです。三菱UFJフィナンシャルグループのアコムや三井住友銀行グループのプロミスなどはその代表的な例ですね。

グループ関係にないところでも提携という形で銀行カードローンの保証会社となっているものも多くあり、みずほ銀行カードローンの保証会社がオリエントコーポレーションだったり住信SBIネット銀行の保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスだったりというのがその例です。

また大手消費者金融のノウハウが生かされたことで、時間がかかるとされていた銀行カードローンでも即日融資に対応できるようになっていきました。